健康生活ガイド 生活習慣病を改善

健康生活ガイド 生活習慣病を改善

生活習慣病の改善で健康を守る。

私は、コレステロールが高く、20代の時から薬を飲んでいます。
30代で高血圧症の薬を飲み、40代ではとうとう糖尿病になりました。
少し太っていますが、見た目は肥満ではありません。それ以来、体重を落とす事を心がけて、そして太らない様にしています。
こういった隠れ肥満にはよくありがちな事ですが、すぐに体重がリバウンドしてしまいます。
私は現在身長が153センチで、体重が50キロです。

50代なので、見た目は普通ですが、私には今ちょっと太っているかと思います。
本当に太っていない時は45キロぐらいですから。なのに、この50キロの体重の方が、採血の数値は45キロの時より良くなっています。
45キロの時は40代の時でしたので、年をとれば次第に体重が増えるのは仕方ないかも知れません。

この生活習慣病ですが、先ずは食事である事はよく知られています。
そして運動です。

ですが、困った事に、糖尿病の薬を飲んでからは、低血糖が来やすくなったので、甘いものも食べなくてはいけません。私は、仕事で立ち仕事をしていますので、お腹が空きやすいです。

低血糖もくるので、お昼御飯はしっかり食べてしまいます。
帰りはチョコレートを舐めます。
でないと一度仕事帰りに低血糖がきて震えながら倒れた事があったからです。

結局悪循環でした。
私のとった生活習慣病改善は、野菜をしっかり食べる事でした。
半端じゃないぐらいにです。

これだとお腹がいっぱいになります。
しかも野菜はレタスでさえ火を通します。
すると縮むので沢山食べられます。
朝にレタスを一玉は食べます。
すると大便がよく出ます。
但し朝家を出てから便通が来たら困るので、朝早く起きます。
家を出る二時間前には起きます。
起きて早い時間にご飯を食べます。
夏場は無理がありますが、できるだけ前日に用意をします。
朝はレンジでチンといわせます。
ご飯と野菜を沢山食べて、水分もたっぷり取ります。
お昼御飯も野菜をシッカリと食べられる様に大きなお弁当箱に野菜を沢山持って行きます。
但し困るのは、仕事中に大便に行きたくなる事です。

でも最近は良い習慣が体について、休憩中にトイレに行きます。
3時の休憩にもです。

水分を良く取るせいか、帰りはそこまでお腹がすきません。
ですが、一応低血糖対応のチョコレートをバッグに忍ばせた状態で、通勤はしています。
夜は早く寝ます。
仕事で沢山歩いたり(ピッキングの仕事をしています)、体を使ったりするので、夜は敢えて散歩に行くのはやめました。
できたら体を労わる方向に出ました。
夜は夕食後すぐに歯を磨いて、おやつは食べない様にしています。
これが私の生活習慣病の対策です。

健康が以前より守られているようです。

体重は40代や30代の頃より重くなっていますが、数値は良くなりました。
それに、見た目は前よりも大分痩せているようです。

人様からそう言われます。

注目の情報

Copyright (C)2018健康生活ガイド 生活習慣病を改善.All rights reserved.